レイアウト ビューとデザイン ビュー

レイアウト ビュー

レイアウト ビューは、デザイン ビューよりも視覚性を重視したビュー。

レイアウト ビューでフォームを表示しているとき、各コントロールには実際のデータが表示される。

このため、コントロールのサイズを設定するときや、フォームの視覚 的な外観や操作性に影響する多くのタスクを行うときは、レイアウト ビューで行うと便利である。

特定のタスクはレイアウト ビューでは実行できないため、デザイン ビューに切り替える必要があり、状況によっては、変更を行うにはデザイン ビューに切り替える必要がある旨を通知するメッセージが表示される。

 

デザイン ビュー

デザイン ビューでは、フォームの構造の詳細を表示でき、フォームのヘッダー、詳細、フッターの各セクションを確認できる。

デザイン変更を行っている間は、基 になるデータが表示されないが、レイアウト ビューよりもデザイン ビューの方が容易に実行できるタスクがある。

たとえば、以下のタスク

  • 幅広い種類のコントロール (ラベル、イメージ、線、四角形など) をフォームに追加する。
  • プロパティ シートを使用せずに、テキスト ボックス自体でテキスト ボックス コントロール ソースを編集する。
  • フォーム ヘッダー、詳細セクションなどのフォーム セクションのサイズを変更する。
  • レイアウト ビューでは操作できない特定のフォーム プロパティを変更する (“Default View/既定のビュー”、”Allow Form View/フォームビューの許可” など)。

 

参考サイト   レイアウト ビューとデザイン ビューの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です